まちを語る

仙台を歩いて、ルーツをたどる

イベント情報

  • 星空と路 -3がつ11にちをわすれないために-

    あの日の星空と、そこから歩んできた13年を振り返る せんだいメディアテークは2011年5月3日、東日本大震災という大きな出来事に向き合い、ともに考えるために、「3がつ11にちをわすれないためにセンター」(略称:わすれン!...
  • 川俣正/仙台インプログレス 報告展

    アーティスト川俣正とともに仙台市沿岸部で実施している仙台インプログレスの報告展。仙台市宮城野区岡田新浜地区でのこれまでの活動のほか、2023年度に新たに展開した若林区井土地区での活動について紹介します。
  • インタビュー集「声を掬う」

    3月11日まで仙台市若林区荒浜で暮らしていた、かつての子どもだちへのインタビュー集「ARAHAMA Living History」を再構成し、この度出版することになりました。あの日から何が楽しくて、嬉しくて、悲しくて、辛...
  • [春のコーナー展示]  東北の縄文遺跡  仙台市上野遺跡

    上野遺跡は、仙台市太白区に位置する縄文時代中期中頃から終わり頃にかけての遺跡です。調査によって多数の竪穴住居跡が発見されたことから、大規模な集落跡だったことが判明しました。今回のコーナー展では、竪穴住居内に埋設されていた...

特集

  • 仙台の市街地には多くの建物とともに豊かな自然環境があり、これらが一体となって仙台という街を形作っています。当たり前の風景として何気なく目にしているものの中にも、あまり知られていない魅力や価値を持ったものも少なくありません。 この特集では「たてもの」をテーマに、4名の方に建物の魅力、風景・景観、素材、人々の暮らし、そしてそこから考える仙台について聞きました。
  • 仙台の各地域には、大切に伝承されてきた民俗芸能があります。舞う人、伝える人、支える人…さまざまな関わり方を通し、その魅力を探ります。
  • 仙台市内の高等学校で行われている文化芸術に関する部活動・サークル活動について、その魅力や参加することで得た学び、自身の変化などを、高校生たちに取材した特集です。
  • 社会課題が多様化し、複雑化している現代。文化芸術が持つ創造性を活かすことで、これらをやわらかく解決し、より豊かな社会を創ることができないか。そんな期待を持って、2021年に「持続可能な未来へ向けた文化芸術の環境形成助成事業」が始まりました。
    多彩に展開されるプロジェクトから見えてくるのは、アートや文化がもたらす切り口の新鮮さと、それらが育む関係性の豊かさです。新たな挑戦の現場をレポートします。
  • かつて宮城県にあった様々な地域誌について、それらが生まれた背景や、時代ごとに発信されきたものごとについて、株式会社プレスアート 取締役川元茂氏がまとめた連載です。

レビュー・レコメンド

「あなたの一番」教えてください