2023年度 演劇による震災伝承事業 
演劇公演「Voice-仙台市東部沿岸地域の伝承と物語-」

わたしの“声”で、いまに伝える みんなの“声”で、未来に残す

2021年度にせんだい3.11メモリアル交流館の企画展として開催された「Voice~仙台市東部沿岸地域の伝承と物語~」では、震災前からの沿岸地域の伝承や物語を、舞台俳優の身体を通した“声”によって紹介しました。

その後も日立システムズホール仙台での上演(2022年度)など、人と土地にまつわる想いを「Voice」では“声”や“音”によって語り継いできました。

2023年9月からは、10~20代の若い世代が協力して沿岸地域の伝承や物語を調べ、その内容をもとに演劇創作に取り組むワークショップを実施。

年齢や演劇経験、震災当時の状況も異なる14名のメンバーが、地域の方々から話を聞き、実際に沿岸地域に足を運んで、「いまに伝えたい」「未来に残したい」様々なエピソードを集め、台本を書き上げ、演劇の創作を行いました。

今回は彼ら・彼女ら自身がそれを演じ、自身の“声”で、みなさまにお届けします。

高砂・七郷・六郷の3つの地域にまつわる、震災前の暮らしについてのお話や、ちょっと不思議な言い伝えなど、地域で引き継がれてきた人の営みと土地の風景に、一緒に想いを馳せていただけましたら幸いです。

【構成・演出】
髙橋菜穂子 (一般社団法人東北えびす)

【「Voice」ワークショップメンバー】
右手聡 遠藤花奈 大河内一希 佐藤巧都 鈴木萌香 髙橋那々彩 髙橋里瑠
タケイユウスケ 千葉耕平 羽賀彩乃 水野杏香 ミノリ 元村明日花 柚原結女

【「Voice」ワークショップサポーター(俳優)】
野々下孝 岩佐絵理 芝原弘

【演奏】
山下進 (横笛) 丹野富美子 (マリンバ)

【スタッフ】
舞台監督|佐藤公  照明|松崎太郎(アトリエミセイ)  音響|山口裕次(Sound Kitchen)
舞台美術・イラスト|大沢佐智子  宣伝美術|髙橋功二

開催日
時間 15時00分 開演(14時30分 開場) 
会場 宮城野区文化センター パトナシアター[住所:仙台市宮城野区五輪2-12-70 JR仙石線陸前原ノ町駅下車徒歩1分]  ※ご来館の際は出来るだけ公共交通機関をご利用いただきますよう、ご協力をお願いいたします。
プレイガイド・申込方法 2024年2月6日(火曜日) 10時00分より受付開始
※ 入場無料・全席自由 
※ 事前申込制 / 先着150名

(1)Webフォームでの受付 ※(2月27日追記)制作席一部開放のため、Webフォームでの受付を再開いたしました。
 Webフォーム(外部サイトにリンクします) https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSc3hP3uv1td2BUG6vsvkyScA4YRIP0-id2dVTGv-FiKWuqbmg/closedform

(2)整理券配布 ※(2月26日追記)予定枚数終了のため各窓口での整理券配布は終了いたしました。
[配布場所] ※いずれも休館日を除く
・宮城野区文化センター(1階事務所窓口) 
・日立システムズホール仙台(1階事務所窓口) 
 ※ 受付開始の2月6日(火曜日)は日立システムズホール仙台は休館日です。
お問い合わせ 公益財団法人仙台市市民文化事業団 舞台芸術振興課 事業推進係
電話 022-301-7405(平日 9時00分~17時00分)
主催 仙台市青年文化センター(公益財団法人仙台市市民文化事業団)、仙台市
制作連携 せんだい3.11メモリアル交流館
協力 公益財団法人仙台ひと・まち交流財団 宮城野区文化センター
令和5年度 仙台市宮城野区文化センター震災復興交流事業
助成 文化庁文化芸術振興費補助金 劇場・音楽堂等活性化・ネットワーク強化事業(地域の中核劇場・音楽堂等活性化)
独立行政法人日本芸術文化振興会
みやぎ震災伝承連携推進事業補助金
ジャンル 演劇